フリマサイトで格安なCBD購入はちょっと待って!CBD製品の注意点

フリマサイトで格安なCBD購入はちょっと待って!CBD製品の注意点

CBDが話題になっているため、中には興味がありほしいと感じている方もいるでしょう。

少しでもリーズナブルな価格で手に入れたいと、フリマサイトで探している方もいるかもしれませんが、もしかしたら偽物かもしれません。

成分なども保証されている安心なCBDであれば問題ありませんが、違法なものも混じっている可能性があります。

■フリマサイトではしっかりと製品の審査をしていない

大手ショッピングサイトでも気軽に購入できるようになっていていますが、販売したいと思っても審査に通らないとできません。

そのため、違法なCBDではない商品を取り扱っていたら、審査に通らないため購入する側も本物だとわかり安心です。

またCBD専門ショップは第三者機関成分分析済みの証明もあるため安心してつかうことができます。

しかし、フリマサイトは使っている方ならご存知の通り、企業ではなく個人が販売しています。企業を立ち上げて商売している人だけなく、主婦やお年寄りなど誰でも販売することが可能です。



そのため、商品についても、偽物ではないか成分はどうなっているのかなど詳しく調べることはありません。


たとえば、販売している人も誰かからもらい、自分では使わないからと売っていたとして、それが偽物である可能性もあります。


販売している人は本物だと思っているため悪気なく譲り受けたものを売っている場合も考えられます。

■本来は正規輸入品でなければならない

安心して使えるCBDは、正規輸入品で品質も保証されているものです。

CBDは決して違法な成分は一切入っていないため、正しい手順を踏めば問題なく日本に輸入できます。

しかしメルカリではどの過程を経て輸入できたのかなどを見ないため、正規輸入品かどうかは分かりません。

もしかしたら違法な薬物を使い、まるでCBDのように見せかけた容器で販売している可能性があります。

■悪質な業者が混じっている

フリマサイトでは個人的な取引になりますので、業者としては完売していません。

あくまで個人として販売し、売りつけようと考えている業者もいます。

どの人が悪質な業者かどうかまで、正直分かりにくい部分もあります。

少し普通のECサイトや大手サイトで購入するよりも安いからと購入してしまい、それが悪質な業者だったということも考えられるのです。

店舗や企業名、顔などが見えない世界での購入となりますので、リスクは大きいと思っていた方がいいでしょう。

■名前が似ていてCBDが入っているかのように売っている場合も

CBDが話題になっているからといって、あまり知識がないままフリマサイトで購入するのは危険です。

まるでCBDが入っているような文言でアピールしていて、商品名も似ているものを販売している場合もあります。

特にCBDオイルとヘンプシードオイルは名前が似ていますし、同じようなオイルに感じます。

しかし、実際にはヘンプシードオイルの中にはCBDが入っていないのです。

知らないで入っていると思って、購入してしまう危険もあります。
売りたい気持ちだけが先行し、多少嘘ついてもいいやくらいに思っている出品者もいます。

顔が見えない個人間でのやり取りですので、CBDの知識をある程度持っていないと危ないです。

■中には違法な成分が入っている場合もある

出品する側も成分をフリマサイトでは調べないとわかっているため、悪意を持って違法成分が含まれているものを販売することもあります。

CBDは違法な成分は一切入っていませんが、THCには精神を高揚させる成分が入っています。
それをわかっていて騙して使わせようと企んでいる人も紛れていますので、注意が必要です。

THCは日本で規制の対象となり、法律違反となってしまいます。
知らない間にリラックスしたい、睡眠をゆっくりと取りたいと思って購入してしまわないように気を付けましょう。

・もし違法成分が入っているものを購入し使ってしまったら?

フリマサイトで安いからと購入してしまい、使ってしまったものが違法のTHCが含まれているものだとしたらどうなってしまうのでしょうか。

自分も騙されていたとはいえ、法律違反になってしまうため処罰を受ける可能性が出てきてしまいます。
違法な薬物だと知っていなくて購入してしまったといっても、使ってしまった以上処罰されるかもしれないのです。

安いからという気持ちで使い、その後大変なことになってしまう可能性も出てくるのです。

■まとめ

安いものには裏がある可能性がありますので、高くても安全性が確認できて、しっかりと第三者機関で成分が検査されているものを購入しましょう。

信頼を重視している販売店では、誤解のないように検査を怠りません。
ほかにも、CBDの含有量がどの程度入っていて、THCフリーという記載があるかどうかも見ましょう。

都心などを中心にCBDカフェがあり、実店舗を持っているようなお店ではしっかりと検査や含有量表示を行っています。


フリマサイトではなく、実店舗を持っていて信頼のあるお店から購入するのもおすすめです。
実店舗を持っているCBDカフェの中には、通販サイトも持っているお店があります。
なかなか都心に行けない方は、利用してみても良いでしょう。

ブログに戻る